腕時計に関する情報が満載!

Wristwatch Style

腕時計の手入れの仕方

腕時計の表面は傷がつかないように、やわらかな布で丁寧にふきます。
鏡面仕上げの場合は特に注意が必要です。
裏ぶたは汗や水分がたまりやすいのできれいに拭き取り清潔に保ちます。
ステンレスでもサビの原因になります。
たまにリューズを空まわしをすればゴミなどがとれてサビの発生防止になります。
金属バンドも肌に接触していますから汗や水分が付着します。
そのままにしておくとサビやすくなってしまいますので、やわらかな布で拭き取り乾燥させます。
バンドの隙間に汚れが付着しているときは、やわらかめの乾いた歯ブラシや爪楊枝を使い汚れをおとします。
皮革バンドは革製品ですからこまめな手入れが必要です。
金属バンドより汗や水分に弱いので、そのままにしておくとカビが発生することもありますから丁寧に拭き取りよく乾燥させます。
また直射日光にあたると色落ちしたりして劣化が早まりますので陽の当らない場所に保管します。
腕にはめるときは穴をひとつ分ゆるめると通気性がよくなり、乾燥しやすくなります。

アウトドアで使った貴重な腕時計の手入れは念入りに

ビジネスからレジャーに至るまで様々な外出用途で活躍する腕時計。
その分意外と過酷な環境に晒され易いものです。
特にアウトドアレジャーに頻繁に用いる防水式デジタル時計やダイビング等で好んで使われるクロノグラフ等、水濡れや潮被りを始めタウンユース以上に過酷な環境に晒されているものです。
これらの腕時計は定期的に手入れをしっかりやっておかなければバンドの錆付きやリューズ・ボタン部分の固着、文字盤ガラスの汚れといったトラブルが起き易くなってしまうものです。
潮を被った腕時計はその都度念入りに水洗いをし、リューズは半解放して中の汚れを排出してしまうのが良いでしょう。
皮脂汚れもまた大敵です。
細かな隙間に入り込み潤滑な動作を阻害するケースもあるからです。
水汚れで落ちにくい部分は細い綿棒や柔らかく毛先の細かいブラシ等で念入りに掃除し、汚れをかき出してしまうのがベスト。
最後は十分に乾燥させた後、金属専用のクロス等で光沢が出るまで拭き上げればOKです。

おすすめWEBサイト 5選

秦野の不動産

最終更新日:2018/1/25